まーさんの車窓から

<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

【香草庵の花達・ミントガーデンの鳥】

秋のシルバーウィークに諏訪ッチさん宅へ遊びに行ってきました。まずは初日です。
途中のミントガーデンは混雑で駐車場の空きが無く、香草庵に車を置き周りを散策。
この間(8月末)咲いてたアサマフウロはすでに終わってました(涙)。[9/20]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_043349.jpg

「ゲンノショウコ(現の証拠)」です。
e0167295_044167.jpg

「ヤマボウシ(山法師)」の実が美味しそうです。
e0167295_044866.jpg

「ワレモコウ」。風で揺れてピンボケです(涙)。
e0167295_045699.jpg

この花は・・・不明です。葉っぱも撮っておけば判ったかもしれません。
e0167295_0549.jpg

ミントガーデンでは辺りが静かになったら「シジュウカラ」が出てきました。
明日は【諏訪湖周辺の鳥達と風景】です。
by ma-san-k | 2009-09-30 20:27 | 撮れた鳥と花

【下部温泉会館の猫達】

下部温泉会館で温泉につかった後、駐車場付近で出逢った猫達です。[9/19]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_21224586.jpg

こちらに気付いたようです。もっとこっちにおいでぇ~。
e0167295_21225482.jpg

プイーっと何処かへ行ってしまいました。
e0167295_2123256.jpg

この子は子猫のようです。
e0167295_2123104.jpg

きちんとお座りして礼儀正しい?
e0167295_21231815.jpg

瞳がブルーでとても可愛かったです。
e0167295_21232531.jpg

明日は【香草庵の花達・ミントガーデンの鳥】です。
by ma-san-k | 2009-09-29 23:59 | 撮れた猫

【下部温泉の花・鳥・風景】

四尾連湖をあとにして、温泉地の下部温泉へ行ってきました。[9/19]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_13314977.jpg

「カラスノゴマ(烏の胡麻)」。気が付いた花はこれだけです。
e0167295_13315957.jpg

下部温泉街を流れる下部川、水辺ではセキレイ類や、撮れ無かったホオジロの
親子がいました。この写真では「アオサギ」が毛づくろいしています。
e0167295_1332849.jpg

e0167295_13321634.jpg

「アオサギ」は私達に気付き何処かへ飛んで行きました。
e0167295_13322544.jpg

下部温泉会館前にいた「キセキレイ」。
e0167295_13323418.jpg

「セグロセキレイ」はたくさんいました。
e0167295_13324346.jpg

遠くでは「トビ」がピーヒョロローと鳴いて飛びまわってました。
明日は【下部温泉会館の猫達】です。
by ma-san-k | 2009-09-28 18:06 | 撮れた花と鳥と風景

【四尾連湖の花達Ⅲ】

「四尾連湖」の花達と風景です。四尾連湖の周りに散歩道があり、15~20分で
一周できます。標高が少し高く肌寒かったです。[9/19]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_11313971.jpg

おなじみ「ヨメナ(嫁菜)」です。花弁が散って秋の気配を感じます。
e0167295_11314743.jpg

「ノササゲ(野大角豆)」です。多年草でキツネササゲとも言われるそうです。名は野
に生えるササゲからその名が付いたそうですが、実際は野には生えないそうです。
e0167295_11315642.jpg

「イブキボウフウ(伊吹防風)」です。多年草で、名のイブキは滋賀県の伊吹山から、
ボウフウは生薬の「防風」から由来しているそうです。
e0167295_1132438.jpg

この花は・・・不明です。花が終わっているように見えます。
e0167295_11321216.jpg

湖はこんな感じです。釣り人がいて時々、大きな魚が跳ねていました。
e0167295_1132212.jpg

紅葉の頃は湖に木々が写って綺麗なのかもしれません。
明日は【下部温泉の花・鳥・風景】です。
by ma-san-k | 2009-09-27 21:03 | 撮れた花

【四尾連湖の花達Ⅱ】

引き続き「四尾連湖(しびれこ)」で出逢った花達です。この「四尾連湖」はかつて
富士八湖の一つに数えられ、雨乞いの湖として知られているようです。[9/19]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_035394.jpg

「セキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁字)」です。関屋は関所役人が見張る小屋や
関守の住む建物を示し、アキは秋咲きのこと、チョウジは丁子のことで、
フトモモ科の熱帯植物チョウジの花は胴長なのが特徴で、この胴長部分が似て
いることからチョウジとついたそうです。
e0167295_0351265.jpg

「ツリガネニンジン(釣鐘人参)」です。左は花、右は種(?)のようです。
e0167295_0353848.jpg

「ツリフネソウ(釣船草)」です。ホウセンカと同じ仲間で、熟した果実にちょっと
触れるだけで種を勢いよくはじき飛ばすそうで、和名は花の形とつき方が帆掛け
舟を吊り下げたように見えることからついたそうです。
e0167295_036182.jpg

今が旬の「ノハラアザミ(野原薊)」。
e0167295_036933.jpg

「ミズヒキ(水引)」です。あまり目立たず地味ですが、花は小さく可愛らしげです。
明日は【四尾連湖の花達Ⅲ】です。
by ma-san-k | 2009-09-26 23:59 | 撮れた花

【四尾連湖の花達Ⅰ】

山梨の探鳥地である「四尾連湖」へ行ってきましたが、鳥撮りは残念ですが
出来なかったです(涙)。「カケス」と「ヒガラ」の声は聞きましたが・・・。[9/19]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_23492013.jpg

「アキノノゲシ(秋の野芥子)」です。キク科の二年草で名の由来は、花が「ノゲシ」に
似ていて秋に花が咲くことから付けられたそうです。
e0167295_23493767.jpg

「イヌショウマ(犬升麻)」です。多年草で名の由来はサラシナショウマに似ているが
薬用にならないためその名がついたそうです。
e0167295_23494578.jpg

「カラスノゴマ(鴉胡麻)」です。一年草で名の由来は、種子をカラスが食べるゴマに
たとえて、この名がついたのだそうです。
e0167295_23495433.jpg

「キバナアキギリ(黄花秋桐)」です。名の由来は葉の形がキリ(桐)に似ていること
と、花が薄黄色などからこの名前がつけられたそうです。
e0167295_2350323.jpg

「シモバシラ(霜柱)」です。以前も掲載しましたが花が綺麗ですね。
明日は【四尾連湖の花達Ⅱ】です。
by ma-san-k | 2009-09-25 23:59 | 撮れた花

【西沢渓谷の鳥達】

引き続き「西沢渓谷」で出逢った鳥達です。[9/6]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_22222045.jpg

川の流れる音で鳥の鳴き声がなかなか聞こえなかったのですが、
遠くから「キセキレイ」がやってきました。
e0167295_22223337.jpg

「コガラ」は渓谷の沿道で鳴いてました。
e0167295_22224267.jpg

川沿いを散策していると下流から何かの鳥が・・・頭上を飛び越えて行きました。
この鳥は「ミサゴ」です。夢中で連写しました。
e0167295_22225349.jpg

e0167295_222377.jpg

e0167295_22231549.jpg

この後、近くの木にとまったのですが、犬を連れてたカップルが移動したと同時に
奥へと飛び去りました(涙)。明日は【四尾連湖の花達Ⅰ】です。
by ma-san-k | 2009-09-24 23:13 | 撮れた鳥

【西沢渓谷の風景と花】

山梨の探鳥地、「西沢渓谷」へ行ってきました。[9/6]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_2284517.jpg

笛吹川の上流にある西沢渓谷。谷間で少し急流です。
e0167295_2285388.jpg

川の流れる音を聞きながら1時間ぼーっとしていました。
e0167295_229111.jpg

流れが緩やかになりましたが、この先は滝のようになってました。
e0167295_229108.jpg

e0167295_2291837.jpg

周辺では「ヨメナ(嫁菜)」が所々に咲いています。
e0167295_229275.jpg

これは「ムシトリナデシコ(虫取撫子)」です。花の下の茎の一部に粘液を分泌
して,小さな虫が付着しているのでムシトリナデシコ(虫取撫子)とかハエトリ
ナデシコ(蠅取撫子)といわれるそうです。しかし,食虫植物というわけではないようです。
明日は【西沢渓谷の鳥達】です。
by ma-san-k | 2009-09-23 23:36 | 植物と風景

【蔦木宿の風景と鳥】

入笠山からの帰りに道の駅「蔦木宿」で、遅い昼食をすませ周辺を散策していると、
思いがけないものに出逢いました。[9/5]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_23514831.jpg

蔦木宿の近くを「釜無川」が流れています。河川敷ではバーベキューをしている
家族で賑わっていました。
e0167295_23515614.jpg

日差しも強く山は少しかすんで見えました。何気にふと山ばかり見ていると・・・
e0167295_235243.jpg

一羽の鳥が輪を描きながら飛んでいるのに気付きました。どうせ「トビ」だろうと
適当に撮っていました。その後、どんな鳥か調べていたら、何と「クマタカ」でした。
あーっと思いました。でも後の祭り。写りが悪いですが「クマタカ」をご覧下さい。
e0167295_23521172.jpg

e0167295_23521817.jpg

e0167295_23522596.jpg

e0167295_23523288.jpg

次回はどんな鳥でも真面目に撮ろうと思います。
明日は【西沢渓谷の風景と花】です。
by ma-san-k | 2009-09-22 22:06 | 撮れた鳥と風景

【入笠山の花達Ⅲ】

ようやく入笠山へ到着し、初めは山頂まで行こうとしましたが湿原の花達が
気になり、登山をやめて湿原の花達を見に行ってきました。[9/5]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_23454694.jpg

「アケボノソウ(曙草)」です。2年草で、名の由来は花冠の緑色の斑点と黒紫色の
斑点を夜明けの空の月と星に見立てたためだそうです。ロマンティックですね。
e0167295_0271271.jpg

「ウメバチソウ(梅鉢草)」です。多年草で、名の由来は花の形が梅鉢の家紋に似て
いることからだそうです。「コウメバチソウ」と似ていて区別は仮雄しべの数が9個
以下なら「コウメバチソウ」で、14個以上なら「ウメバチソウ」だそうです。
花が2cmぐらいなのでよけい区別が難しいですね。
e0167295_028454.jpg

「オオベンケイソウ(大弁慶草)」です。中国原産の多年草で、名の由来は抜き捨て
てもなかなか枯れず、弁慶のように強いところから付けられたそうです。
e0167295_0282675.jpg

「ノコギリソウ(鋸草)」です。園芸種として輸入され野生化したものがセイヨウノコ
ギリソウで、間違いが多いようです。
e0167295_0284071.jpg

「ダイコンソウ(大根草)」です。多年草で名の由来は根生葉がダイコン(大根)の
葉に似ているためだそうです。
e0167295_0285131.jpg

「マツムシソウ(松虫草)」です。花は10月まで見られるようです。
e0167295_029386.jpg

「リンドウ(竜胆)」です。ようやく咲き始めました。長野県と熊本県の県花です。
明日は【蔦木宿の風景と鳥】です。
by ma-san-k | 2009-09-21 23:59 | 撮れた花