まーさんの車窓から

<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

【霧ヶ峰高原の花達Ⅲ】

引き続き霧ヶ峰高原の花達です。今回撮れた花は17種類でした。[8/16]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_22133937.jpg

「マツムシソウ(松虫草)」です。名の由来は花の終わったあとの坊主頭のような
姿が、仏具の伏鉦(ふせがね:俗称「松虫鉦(名前は虫の音に由来)」)に似ている
ところからの説と、松虫の鳴く頃に咲くからとの説もあるそうです。
e0167295_22134757.jpg

「マルバタケブキ(丸葉岳蕗)」です。葉が丸くて大きく、フキの葉に似ていることから
名づけられたそうです。
e0167295_22135653.jpg

「ミツモトソウ(水源草)」で、山地の谷沿いなどに生える多年草です。名の由来は
水の湧くような場所に生えることから付けられたそうです。
e0167295_2214466.jpg

「ヤナギラン(柳蘭)」です。細長い葉がヤナギ(柳)に似ていて,花がラン(蘭)の
花を思わせるところから名が付けられたそうです。
e0167295_22141276.jpg

「ワレモコウ(吾亦紅)」です。名の由来はWikipediaから抜粋しました。
「ワレモコウ」の漢字表記には吾亦紅の他に我吾紅、吾木香、我毛紅などがある。
このようになったのは諸説があるが、一説によると「われもこうありたい」とはかない
思いをこめて名づけられたという。また、命名する時に赤黒いこの花はなに色だろう
か、と論議があり、その時みなそれぞれに茶色、こげ茶、紫などと言い張った。
その時、選者にどこからか「いや、私は断じて紅ですよ」と言うのが聞こえた。
選者は「花が自分で言っているのだから間違いない、われも紅とする」で「我亦紅」
となったという説もある。以上です。
明日は【霧ヶ峰高原の風景】です。
by ma-san-k | 2009-08-31 20:24 | 撮れた花

【霧ヶ峰高原の花達Ⅱ】

引き続き、霧ヶ峰高原の花達です。[8/16]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_228504.jpg

「カワラハハコ(河原母子)」です。カワラホウコとも呼ばれる日本特産の種です。
名の由来は、ハハコグサ(母子草)に似ていて河原に生えているから、カワラ
ハハコになったそうです。
e0167295_2285833.jpg

「クガイソウ(九蓋草,九階草)」です。名の由来は葉が4~8枚くらいに輪生する
ものが9段くらいの層になるところから「九階草」になり、その後、「階」が「蓋」に
なって「九蓋草」になったそうです。
e0167295_22967.jpg

「コオニユリ(小鬼百合)」です。オニユリに似ていますが少しこぶりで、花の数も
少ないため『小さい鬼百合』という名がついたそうです。
e0167295_2291518.jpg

「ツリガネニンジン(釣り鐘人参)」です。和名は釣り鐘状の花が咲き、大きな根を
朝鮮人参に例えたものとして付けられたそうです。花の形から地方によってフウリン
ソウ(風鈴草)、チョウチンバナ(提灯花)などの名もあるそうです。
e0167295_2292395.jpg

「ノリウツギ(糊空木)」です。名の由来は枝の髄(ずい)を抜くと空洞ができるので
「空木」の名つき、「のり」は、樹皮の内皮をはいで水につけて粘液を出させて、
それを和紙を漉(す)くときの糊として使ったことから付いたそうです。
e0167295_2293033.jpg

「ハクサンフウロ(白山風露)」です。フウロソウとも呼ばれ、名の由来は石川県
白山に産することからだそうです。明日は【霧ヶ峰高原の花達Ⅲ】です。
by ma-san-k | 2009-08-30 20:17 | 撮れた花

【霧ヶ峰高原の花達Ⅰ】

諏訪湖の花火大会の翌日、すばらしい快晴となり霧ヶ峰高原へ行ってきました。
気候は涼しく過ごしやすかったのですが、日焼けが凄かった(涙)。[8/16]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_2231919.jpg

最初は「アカバナシモツケ(赤花下野)」です。由来は赤い花で下野の国(栃木)に
多いことからだそうです。
e0167295_2232823.jpg

「ノハラアザミ(野原薊)」だと思います。ノアザミにも似ていますがちょっと自信が
ありません。区別は総苞(そうほう:花弁を支えている花の付け根の緑色の部分)を
触って、粘ればノアザミ、粘らなければノハラアザミだそうで、花期は春先頃が
ノアザミ、秋頃がノハラアザミだそうです。名の由来は野原に咲くことからです。
e0167295_2233537.jpg

「イケマ」です。蔓性の多年草です。名はアイヌ語が語源でイケマというのは「根の
太い蔓草」あるいは「神の足{(イ=それ ケマ=足)は「それの足」という意味で、
「それ」とはカムイ(神)を示す}」という意味だそうです。
e0167295_2234378.jpg

「オオバギボウシ(大葉擬宝珠)」です。橋の欄干の上にある、玉ねぎをさかさまに
したような装飾物が「擬宝珠」。この花のつぼみが擬宝珠に似ていることからこの名
になったそうです。強い日光と猛暑に弱く、イギリスや北欧では夏は日本より涼しい
ので、ガーデニングとしてよく使われるそうです。
e0167295_2235189.jpg

「オミナエシ(女郎花)」だと思います。花が咲く前のものではっきりしませんが・・・。
e0167295_2235937.jpg

ひっそり咲いていたのは「カワラナデシコ(河原撫子)」だと思います。
明日は【霧ヶ峰高原の花達Ⅱ】です。
by ma-san-k | 2009-08-29 22:01 | 撮れた花

【諏訪湖祭湖上花火大会:花火編(後半)】

引き続き諏訪湖の花火です。終盤になるにつれ大きい花火が上がり、ファインダー
に入りきらなくなりました。このレンズではここまでが限界ですね。[8/15]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_2152384.jpg

同時に上がる花火はどれを撮っていいか迷いますね。
e0167295_21521261.jpg

宇宙のどこかの星雲みたいです。
e0167295_21522129.jpg
e0167295_21522939.jpg

湖上花火は更に迫力満点です。
e0167295_21523775.jpg

e0167295_21524621.jpg

前の花火の煙が残ってて綺麗な花火が半減してしまいます。
e0167295_21525347.jpg

ナイアガラ花火の点火です。
e0167295_2153127.jpg

最後は約4kmのナイアガラです。この後、雨が激しくなり大事なカメラ・レンズを
濡れないように気をつけながら諏訪ッチさん宅へ帰還しました。その後の長い談笑で
気が付けば午前2時半、布団に入った途端記憶がなくなりました。
明日は【霧ヶ峰高原の花達Ⅰ】です。
by ma-san-k | 2009-08-28 21:22 | 花火

【諏訪湖祭湖上花火大会:花火編(前半)】

待ちに待った花火大会が始まりましたが、開始1分前に雨が降り最初の1時間は
見物でした。小雨になって左手に傘、右手にカメラを持ち、ほぼノーファインダー
での撮影が続きました。[8/15]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_21483647.jpg

どの地点に花火が見えるのか、見物時にだいたい把握してたのですが、いざカメラ
で撮るとまったくタイミングが合いません。最初の数枚は試行錯誤の連続です。
e0167295_21484558.jpg

e0167295_21485325.jpg

e0167295_2149228.jpg

桜吹雪みたいに撮れた花火。
e0167295_2149107.jpg

爆発する瞬間を狙ってみました。
e0167295_21492092.jpg

一瞬タイミングを逃すと画面からはみ出てしまいます(涙)。
e0167295_21492862.jpg

こんなに明るくなるなるぐらいの花火は凄いです。
e0167295_2149353.jpg

もやがかかった宇宙の星空みたいな花火です(涙)。
明日は【諏訪湖祭湖上花火大会:花火編(後半)】です。
by ma-san-k | 2009-08-27 21:15 | 風景

【諏訪湖祭湖上花火大会:スタンバイ編】

甲府にきて2週間目、かみさんと共に諏訪湖の花火を見に諏訪ッチさん宅へ
行ってきました。当日は混雑を想定して朝早く出掛けましたが、予想に反して
混雑もなく約1時間半で到着しました。[8/15]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_20443494.jpg

諏訪ッチさん宅へ到着すると、すでに諏訪ッチさんは会場の場所取りで出掛けて
いました。午後から開門してからの場所取りと、諏訪ッチさんと交代するため、
会場へ向かいました。空は晴れてて日差しが強くこの天気なら大丈夫と思って
いました。この時は・・・。
e0167295_20444340.jpg

会場まで約2kmの道のりは、人と車の混雑でなかなか前へ進めません。
e0167295_20445214.jpg

湖面にはでっかい鳥がいました(笑)。
e0167295_20445996.jpg

やっと会場に到着。諏訪ッチさんにも無事逢う事ができ、開門後、いい場所が取れ
ました。その後、諏訪ッチさんと交代して、花火が始まるまで時間をどう過ごそうか、
風景を撮るにしても人だらけで、結局、空に飛んでいるものを撮りました。
e0167295_2045751.jpg

たまたま近くを飛んでた「トビ」です。この日、唯一撮れた鳥です。
明日は【諏訪湖祭湖上花火大会:花火編(前半)】です。
by ma-san-k | 2009-08-26 19:51 | 風景

【浜松で撮れた鳥特集:アオサギ編】

実家周辺で「アオサギ」の若鳥に出逢いました。若鳥でも大きかったです。[7/30]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_22442083.jpg

じっと見つめるその先は・・・。
e0167295_2244286.jpg

水路にいる小魚か、それとも他の何かか。
e0167295_22443523.jpg

右に左に移動し、
e0167295_22444456.jpg

突然、首をあげ、
e0167295_22445255.jpg

狙いを定め、
e0167295_22445974.jpg

姿勢を正して次の獲物を狙います。
今日で浜松の鳥特集は終了します。鳥ばかりですいませんでした。
明日は【諏訪湖祭湖上花火大会:スタンバイ編】です。
by ma-san-k | 2009-08-25 21:56 | 撮れた鳥

【浜松で撮れた鳥特集:ヒバリ編】

天竜川河口(磐田側)で出逢った「ヒバリ」です。[7/29、7/30]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_22413086.jpg

何か鳴いているように見えますが、実は暑くて口を開けているのです。
e0167295_22414020.jpg

e0167295_2241497.jpg

この暑さの中、砂浴びしてました。暑くないのでしょうか?
e0167295_22415724.jpg

これは「ヒバリ」の若鳥?幼鳥?
e0167295_2242544.jpg

これも見分けがつきませんが、たぶん「ヒバリ」だと思います。
明日は【浜松で撮れた鳥特集:アオサギ編】です。
by ma-san-k | 2009-08-24 19:35 | 撮れた鳥

【浜松で撮れた鳥特集:セグロセキレイ】

実家周辺で出逢った「セグロセキレイ」です。車道沿いの電線で休憩中のところを
見つけ、激写してきました。まさかこんな電線にいるとは思いませんでした。[7/30]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_22372136.jpg

白と黒のツートンカラー。
e0167295_22373117.jpg

e0167295_22373965.jpg

頭はほぼ真っ黒、お腹は真っ白です。
e0167295_22374675.jpg

e0167295_22375395.jpg

残念なことに鳴き声は車で聞こえなかったです(涙)。
e0167295_2238074.jpg

明日は【浜松で撮れた鳥特集:ヒバリ編】です。
by ma-san-k | 2009-08-23 19:29 | 撮れた鳥

【浜松で撮れた鳥特集:アマサギ編】

実家周辺で出逢った「アマサギ」です。他のサギより警戒心が強く、近くで撮れた
のは車内からだけでした(涙)。[7/28、7/31]
(CANON EOS40D EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM)
e0167295_22343016.jpg

こちらを不思議そうに見ています。
e0167295_22343935.jpg

ゆっくり歩いてますが、ピント合わせは難しいですね。
e0167295_22344751.jpg

くちばしのオレンジ色も目立ちます。
e0167295_22345733.jpg

ペア?でいました。
e0167295_2235537.jpg

来年も逢えるといいなぁ~。明日は【浜松で撮れた鳥特集:セグロセキレイ】です。
by ma-san-k | 2009-08-22 20:34 | 撮れた鳥